6月21日 ママがさらに輝く☆ワクワクハッピーサロン

こんにちは!みさとです。

私は9才の女の子の母親ですが、

娘がが小さいころは、毎日やることがいっぱいで

自分一人で全てを抱え込んで、うわーーーー!っとなっていました(笑)

娘の成長と共に、私も多少成長したのか、

一人の人として、魂として接するようになって、

血や言葉以上のもので繋がっている、深い絆を感じられるようになりました。

時には親として、子を護り、導くことも必要ですが、

相手を魂としてみたら、最大の味方であり、対等なパートナー。

そんな風に子供と向き合えたら、もっと子供が愛しくなるし、

子育てもワクワク楽しくなってきます^^

毎日一生懸命がんばっているママが、さらにワクワクに、

ハッピーになれるようなお茶会を開催いたします!

 

 

********************************

 

がんばっているママがさらに輝く
『ワクワクハッピーサロン』

〜ママの幸せは、子供の幸せ・子育てをもっと楽しく、ハッピーに〜

 

********************************

 

四葉のクローバー日時:2017年6月21日(水)10:00〜11:30(全3回)

 

四葉のクローバー場所:ご縁カフェまつばR

 


   (つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅 徒歩23分)

 

四葉のクローバー参加費:1,000円(1ドリンク込。お子さまのご注文は別途お会計をお願いします)

 

四葉のクローバー定員:6名

 

 

キラキラ内容

 

第一回:ワクワクスイッチを押そう!

第二回:ママだって可能性は無限大!

第三回:幸せ軸を見つけよう!

 

各回、ワークシートや、パステルアートを使って

ママ自身のワクワク、キラキラを思い出して頂き

子供と本質で向き合い、共に成長していく幸せを

感じて頂けるプログラムを用意しています。

 

 

キラキラご予約、お問い合わせ

 

簡単申し込みフォームは こちらメール
 

 

みなさまのご参加を、お待ちしておりますにじ

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村

JUGEMテーマ:子育て情報クリスタルチルドレン

生まれてきた意味

 

 

こんにちは、みさとです。

 

 

先日久しぶりに、あいなと、なぜ地球に生まれてきたのか?という話をしましたstar

 

 

これまではいつも、

 

 

「ママのところは嫌だったんだけど(笑)

 

 

宇宙のお母さんに言われて仕方なくやってきた。」と話していましたが。。。Docomo_kao8

 

 

「本当に嫌だったら、宇宙のお母さんは無理やり連れてくることはしないはず。

 

 

その前に、あいなちゃんが行く、と決めたときがあったのでは?」と訊いてみると、

 

 

「そうそう」と、宇宙を旅立つ前の話をしてくれました星空

 

 

3年間、マスターの学校のようなところで、クリスタル・チルドレンたちと一緒に、

 

 

地球に行くための訓練を受けていたそうで、

 

 

みんなは、幸せ〜っていう星、宇宙人の星、技術がとても進んだ星、など、

 

 

それぞれの星から、やってきていたそうですにじ

 

 

あいなは、幸せ〜の星に住んでいたのですが、

 

 

モニターで未来の地球を見たとき、人々がぜんぜん幸せそうじゃなくて、

 

 

「自分は今この星で幸せだけど、そうじゃない人がいるのなら、

 

 

本当の幸せじゃない。

 

 

みんなが笑顔でいっぱいで、幸せなのが、ずっとずっと本当の幸せ。」

 

 

と感じたそうです。

 

 

そして、同じように思っていたクリスタル・チルドレンたちと作戦会議をして、

 

 

より自分たちがやりたいことをできる環境を選び、

 

 

みんなが笑顔でいっぱいの、幸せな星にするために、地球に生まれてきた、

 

 

と言っていました。

 

 

クリスタル・チルドレンたちは、本当に純粋な想いを持って、

 

 

みんなを幸せにしたくて、地球に生まれてきてくれたんだな、と思います。

 

 

大人の私たちも、誰かが悲しそうだったら心が痛み、

 

 

みんなが笑顔で幸せそうなら、自分も嬉しい、と感じます。

 

 

人として自然な気持ち、当たり前の心を思い出す。

 

 

難しいことじゃないんだよ、と、クリスタルたちが伝えてくれていると感じましたきらきら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスタルの舞

 

こんにちは!みさとです。

 

今、中学校でも、ダンスの授業があるそうですが、

 

娘の学校でも、クラブ活動として、ダンスクラブというものがあります。

 

音楽に合わせて、楽しく体を動かしたり、汗を流したり、

 

言葉では伝えきれないものも、体を使って表現できるのだろうな、と思います矢印上♪

 

クリスタル・チルドレンも、歌もダンスも大好きで、みんなでよく行いますが、

 

クリスタルまつりでも、みなさまにご披露した「神舞」は、

 

まさに、言葉では表しきれない、子供たちの純粋な魂の美しさ、神聖さを、

 

そのまま表現できるツールだな、と感じていますき

 

また、日本においての舞は、自然を敬い、自然の恵みに感謝するために、

 

神さまに捧げるものとして育まれてきたもの。

 

日本人の「舞」の感覚の中には、自然界と調和する意識が、

 

DNAの記憶としてあるような気がします。

 

実際に、子供たちがどのような気持ちで舞っているのか?

 

あいなの「さくらの舞」の感想をお送りします桜

 

 

 

とても日本の神聖さ、

桜の美しいピンクのエネルギーを感じました。

 

そして、日本の神さまの、美しい愛を感じました。

もっと日本の文化や、美しさを伝えてゆきたいな〜と感じました。